スクールに通えばエンジニアになれる?

スクールに通えばエンジニアになれると100%決まってはいませんが、なれる可能性が上がることは確かです。

スクールに通ってエンジニアになるための勉強をしていた場合、面接でのアピールポイントになります。とはいっても、最終的に決定するのは企業の採用担当者なので、絶対に有利になるかどうかはわかりません。また、同じように面接を受けに来ている人の実力によっても結果が左右します。例えば、技術的な知識・経験がゼロだけど外資系企業で働いていた経験があるなどのキャリアを持っている人には負けてしまう可能性も高くなります。

結局のところ、採用担当者によってどの程度評価されるかは変わってきますし、高く評価されたとしても強力なライバルがいた場合には落ちる可能性も高くなるのです。それでも、なにもせずに家に引きこもっているよりは、スクールに通ったほうがエンジニアになれる可能性が上がることは確かでしょう。スクールに通うことがゴールではないという点もよく理解しておくべきです。スクールでどのようなスキルを身につけたかが重要です。

勉強だけをしていればいいのではなく、先生やクラスメイトとしっかりとコミュニケーションをとり情報交換も行いましょう。企業が中途採用を行う目的は、即戦力を求めているからです。将来性に期待するなら高校もしくは大学を出たばかりの新卒を採用するでしょう。社会人としての常識やマナーがしっかりと身についている人を、企業は欲しがっています。そういう部分も普段から意識していることで鍛えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *