エンジニアになるためにはスクールに通うことが近道

エンジニアになるためにはそれなりの技術と知識が必要です。

スクールなどの場所に通うことによって、会得するほか有りません。確かに費用と時間がかかるのでスケジュール管理をしなければなりませが、ある程度早い段階から人生設計をしないとあっという間に時が過ぎてしまいます。エンジニアになる夢は早々にして諦めざるを得ません。そこでは高校や大学では学ぶことがない、より実践的な技術や知識を学びます。これをしないとスクール独自の運営費が稼げないため、意図的に差を付けているのです。

スクールの卒業試験はそれなりに難しいです。なぜならそれがスクールにとっての広告になるからです。何社かの企業と提携を組んでいるスクールはそれなりに多いです。企業側もより精度の高いエンジニアを囲い込むことで採用費が浮きます。卒業試験をクリアしたということはそこまでの実力は既に入社前に備わっていることを証明しているので、新入社員同様最初から手取り足取り先輩社員を付ける手間が浮きます。

もちろんすぐに独り立ちできるわけではないので一定量のノウハウを教える必要はありますが、それでもそこを卒業していない新入社員と比べると差が歴然としています。あとは飲み込みが早いです。一回教えただけで過去に講義でそれを習得している新入社員が多いため、忘れにくいです。ミスも起こりにくく安心して独り立ちするまで見守れます。会社としても即戦力に非常に近い人を採用できるので願ったり叶ったりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *