IT業界の中心と言えるソフトウェアの基礎知識

ソフトウェアというのは、コンピューターを働かせて特定の作業をさせるためのプログラムの総称です。

ですから、一口にソフトウェアと言っても、内容は大きく違うことがあります。ゲーム作品もソフトウェアの一種ですし、ビジネスツールももちろんその一種です。目的に合わせて細かく違いがあります。また、同じ作業をするのであっても、複数の使い勝手の違うソフトウェアがあるのが普通です。

各会社間で使い勝手のよさを競い合っているのが現状です。ゲームソフトだけでも数万種類以上ありますし、ビジネスツールになればさらに多くのソフトが存在しています。その数はどんどん増え続けています。IT業界に存在する会社の多くが、こうしたソフトの開発を主に手がけているからです。

ハードウェアは資金の豊富な大手企業にしかできませんが、ソフト開発なら中小企業にでもできます。また、ハードウェアと違ってソフトはプログラムなので、データさえ相手に渡すことができれば商売になります。つまり、ハードウェアには不可能なダウンロード販売が可能なのも魅力の一つだといえます。

ダウンロード販売ができるからこそ、中小企業の中でも開発競争が激化しているわけです。売れ行きのいいソフトなら、世界中で数百万本以上売れていきます。それだけ売れると、大きなビルが立つほどの利益が得られます。日本も一時期はゲームで世界を席巻していたのですが、徐々に資金豊富な欧米の企業に差を付けられ始めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *