エンジニアを養成するスクール

エンジニアを養成するスクールにはさまざまな種別の学校があります。

まず考えられるのは工業系の大学です。専門的な学習や実習を行うことで、理論的にも実践的にも深い学習ができます。次に考えられるのが工業専門学校です。中学校卒業後の5年間の教育課程で、エンジニアを養成することに特化していて短期間で集中して学ぶことができます。次に工業系の高校もあります。

工業高校はこれまで現場向きのエンジニア養成のエンジニアスクールとして歴史的にも大きな役割を果たしてきました。しかし、科学技術の発達により社会で必要とされるエンジニアとしての技量が高まり、工業高校を卒業した段階では即戦力としての役割は期待できなくなってきています。そのため、工業高校を卒業した後に専門学校でより深い学びを行って就職に向かう人たちも増えています。このような中、エンジニアになるためにどのようなスクールを選択したらよいのでしょうか。

まず最も短期間で基礎的な技術を身につけることができるのは工業高校ですが、前述したように現在ではより高度な理論や実習体験を求めて、進学する人も多くいます。そのため、必ずしも工業高校を選択することが最短のコースだとは言えなくなっています。工業高等専門学校は、工業高校と工業系の大学に匹敵する内容を5年間で学ぶという学校です。

そのため、カリキュラムは科学技術系に特化していて興味関心の強い人、また志望の強い人には最適の学校と言えます。しかし、特化した分だけ入学後に進路変更をすることが難しくなっています。工業系の大学の場合、大学の課程により理論を中心とした学習と現場向きの学習をする学科とがあり、事前の十分な情報入手が大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *